知っておくと役立つリフォーム情報♪|リフォームや換気扇交換の情報まとめ【定期的にお家のメンテナンス!】

キッチンリフォームに関する知識を大公開~料理作りをもっと快適に~

知っておくと役立つリフォーム情報♪

キッチン

これだけは押さえておきたいポイント!

【スタイルを考慮して選ぶ】
・クローズドタイプ
ダイニングなど、他の部屋から全く見えません。調理の匂いや煙が広がらないので料理作りに集中できるようです。しかし、調理中にコミュニケーションが取りにくいのが難点。

・オープンタイプ
調理中も家族とコミュニケーションを取ることが出来る。片付けや配膳がしやすいという特徴がありますが、キッチンが丸見えなので常に綺麗にしなければならない。

・セミオープンタイプ
対面タイプなので調理中もダイニング側にいる家族とコミュニケーションが取れるが、調理の匂いや煙がダイニングに直接的に広がりやすい。

上記がキッチンスタイルの種類です!人の目からキッチンを隠したいときは「クローズドタイプ」、家族との関わりを重視する方は「オープンタイプ」や「セミオープンタイプ」など、ライフスタイルを考慮して選ぶといいかもしれません。

マンションと戸建てでは自由度が違ってくる

【マンションの場合】
・レイアウトを変更したいとき
レイアウト自体を変更したいなら、ガスや電気、水道などの関連工事が必要なケースもあるようです。まずは、施工上可能かどうかの確認をしましょう。また、各戸によって使える電気の容量が気まっているので、IHヒーターなどを導入したいなら前もって管理会社などに相談しましょう。

・システムキッチンだけ変更したいとき
排気口や既存の配管スペースなど、構造的な制約をクリアしないといけません。

【戸建ての場合】
比較的自由にリフォームをすることができますよ!しかし、マンション同様、レイアウトを変更したいときはガスや電気、水道などの関連工事が必要になるかもしれないということを頭に入れておきましょう。また、リフォームをすることによってダイニングスペースや通路部分が狭くなってしまったり、作業スペースが思ったより小さくなったりすることもあるので、リフォーム業者に確認してみるべし。

自分好みのキッチンに仕上げちゃおう♪

キッチンは毎日使うものですから、自宅のインテリアコーディネートに合わせて、レンジフードやキッチンパネルを選ぶといいかもしれません。最近では機能美を追求したモダンテイストなデザイン、木材の質感を活かした優しいナチュラルなデザインがとっても人気ですよ。

キッチンリフォームをする要点をCHECK!

使いやすいサイズかどうか

身長によって使いやすい高さ、収納の位置は変わるはずなので、使いやすいサイズを考慮して決めよう!大阪のショールームや見学会などに参加して実物を見てみるのもアリです。

作業効率の良い導線を考える

一般的に、コンロやシンク、冷蔵庫の3つの距離が近いと作業効率UPが期待できます!効率よく調理をしたい方は導線をしっかり考えておくべきですよ。

デザインやカラー

インテリアコーディネートにこだわりがあるなら、デザインやカラー選びもきちんと行ないましょう。毎日お料理をするわけですから、モチベーションが上がるものを選ぶといいですよ。

収納スペースについて

使いやすいキッチンに仕上げるためにも、収納スペースを十分に確保しなくてはなりません。キッチンスペースに何を置きたいのかなども考えましょう。それによって収納スペースの広さは変わってきます。

広告募集中